診療案内

子どもの矯正(I期治療・小児矯正)

「子どもの矯正」(I期治療・小児矯正)とは、5歳から11歳ぐらいまでの乳歯または永久歯の混合期に行う矯正治療のことです。
主に取り外し可能な矯正装置(床矯正装置)を使用して、永久歯がきれいに生えそろうよう、顎の拡大や上顎と下顎の前後関係の改善(成長誘導)を行います。開咬などの顎の上下的なずれや舌の癖がある場合は、専門スタッフによる筋機能療法(MFT)も行います。1〜2ヶ月に1度のご来院で、矯正装置の調整や歯磨き指導などを行います。

大人の矯正(II期治療)

「大人の矯正」とは、主に取り外しができない固定式装置(マルチブラケット装置など)を使用して行う、小学校高学年以上を対象とした永久歯列の矯正治療です。「子供の矯正」から継続する場合は「II期治療」とも呼び、マルチブラケット装置などの固定式装置を用いて、歯列の拡大や個々の歯の移動を行います。3〜4週間に一度のご来院で、ワイヤーの交換や調整を行います。

インヴィザライン

インヴィザラインとは、透明のマウスピースによる治療です。
ワイヤーによるマルチブラケット装置との主な違いは、①装置が透明なため、より目立ちにくい。②食事や歯みがきのとき、装置を外せる。③痛みがない。④通院が2〜3ヶ月に1度である。の4点です。マルチブラケット装置と違って全ての症例に対応できるわけではありませんが、接客業の方や部活・就職活動で忙しい学生の皆様にとってメリットの大きい治療法ですので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

保険で治せる矯正治療

顎変形症や唇顎口蓋裂・6歯以上の先天性部分無歯症など、現在59の疾患が保険適用の対象となっております。これらの疾患を伴う不正咬合の矯正治療は、「歯科矯正診断料算定の施設基準」または「顎口腔機能診断料算定の施設基準」の両方もしくはどちらかを満たしている医療機関になります。

顎変形症

歯列不正が歯の位置の異常だけでなく、骨格性の異常(上顎と下顎の大きさや形態・位置関係の大幅なズレ)を伴っている場合、ワイヤーを用いた通常の矯正治療に加えて外科手術を併用します。この場合は「顎変形症」の病名となり、矯正治療が保険適用となります。

口唇口蓋裂などの先天異常

口唇口蓋裂がある場合、上顎の発育不良や顎裂部の隙間によって、歯の位置がずれることがあります。このような場合、噛み合わせや審美的な顔のバランスを整えるために、矯正治療が必要になってきます。治療を開始する時期は、患者様の歯並びの状態や発育の程度によって様々です。また矯正治療費は、健康保険や自立支援(育成医療)法などの適用もあり、自己負担金が一定額以上免除されます。

筋機能療法(MFT)

歯並びは、口の内外の筋肉バランスによって保たれています。指しゃぶり・口呼吸・舌を出し入れする癖などが原因で歯並びが乱れると、顎の発育や咀嚼・嚥下・発音などに影響を及ぼします。当院では専門のスタッフによるトレーニングを受けることができます。ご自宅でもトレーニングを毎日続けることで舌・唇・顔など口の周りの筋肉を鍛えることができ、舌を正しく使えるようになります。

Faq

矯正治療は何歳ごろから始めたらよいですか?
個人差がありますが、歯並び・骨格・舌癖などで気になることが見つかり次第、ご相談いただくのが理想です。当院では、3〜4歳から早期治療が可能です。
矯正治療期間はどのくらいかかりますか?
個人差がありますが、1〜3年程度が一般的な治療期間です。しかし素材や技術の発展により、より短期間で治療ができるようになってきています。
大人でも矯正治療はできますか?
矯正治療を受けている成人の方はたくさんいらっしゃいます。最近では、中高年の患者様も増えています。
マルチブラケット装置は痛いですか?
初めてワイヤーをつけた後、数日ほど歯が浮くような違和感がありますが、我慢できないような痛みではありません。患者様のご予定に合わせてなるべく痛みが出ないように調整致しますので、ご安心下さい。なお、マウスピース治療による痛みはほとんどありません。
矯正中は普通に食事できますか?
治療の初期段階では矯正装置が変形するのを防ぐため、固いものを食べるのは避けた方が無難です。
食べやすい大きさに切ったり、柔らかくするなど食事にひと工夫加しましょう。
経過とともに慣れてくれば、普通に食事することもできます。
矯正治療の為に歯を抜くことはありますか?
基本的には抜かない治療を心がけていますが、特に凸凹や前突の程度が大きい場合は、歯を抜くこともあります。
矯正治療中に虫歯ができたらどうしますか?
虫歯ができた部分だけ装置を外して、かかりつけの歯科医院で治療をしていただきます。
しかし矯正治療の期間が延びてしまわないためにも、衛生士による徹底したブラッシング指導を行っています。